tyrell “fsx ultegra”

TYRELL

折り畳み自転車を作る際に一番難しいのは

「頑丈なまま、軽くする」こと。

頑丈さに振ると重くなり、軽さに振ると脆くなる。

しかも折り畳み機構は繰り返し開閉をするので、その動きでも壊れない信頼性も必要になる。

一概に折り畳み自転車と言っても

金額差が大きく出るのは主にフレームの違いです。

tyrellの自転車は走行性を損なうことなく、軽量かつ頑丈。

折り畳みのスポーツバイクに求められる性能をとことん突き詰めたブランドです。

今回のモデル “fsx”はそんなtyrellのラインナップ内の先端、

その全てが「走り」にフォーカスしたハイエンドモデルです。


軽量折り畳み自転車 tyrell fsx shimano ultegra 完成車https://www.tyrellbike.com/products/

tyrell / fsx

price:¥253,000 in tax (フレーム&フォークのみ)

shimanoコンポ完成車でのオーダーも可能です。

colorオーダーも可能。

tyrell指定のカラー内で新車購入時はサービス!!(すごい

店頭にtyrellのカラーサンプルご準備していますので実際の仕上がりに近いカラーを確認いただけます。


完成車重量:9.5KG!!

軽量折り畳み自転車 tyrell fsx shimano ultegra 完成車

tyrellにはfxとゆう折り畳みフレームもあります。

fsxがその上位機種に当たるので、その違いを見ていきましょう。

“スラントデザイン”と呼んでいるtyrellのアイコンでもあるフレームワークは共通。

違いは「パイプ形状」と「ワイヤー類の内装の可否」

パイプ素材は同じですが、fsxは極限まで薄く加工しているので

パイプの形状が角ばったデザインに。

ワイヤー類の内装が可能とゆうことは電動シフト(shimano Di2)が使用可能になります。

シートポスト内にバッテリーを収納できますのでトラブルに強く、

スッキリとしたスタイルで組み上げが可能です。

fsxのフロントフォークはフォークコラムまでフルカーボン(完成車では見えていませんが)

さらに横剛性UPとハンドリング向上のためにテーパーヘッドチューブになっています。

上ワンが1-1/8 下ワンが1-1/4

フィッシャーs・・・スーパーオーバーです。

と、ここまで書くとfsxがベスト!!

みたいな雰囲気になっちゃいますが、これがそうでもないんです。

fsxは例えば普段はロードバイクをストイックに楽しんでいて

折り畳み自転車で輪行を挟みつつも

ロードバイクと同じような走行感が欲しいとゆう方にはfsxをおススメします。

つまり、「折り畳み自転車でもかっとばしたい」人

フレーム形状上、雑に乗るとfsxは硬さが気になるので

軽い折り畳み自転車かつ自分のペースで楽しくサイクリングなら

ticketではfxをおススメしています。

用途に合わせて選ぶのが自転車の楽しみでもあるので

お店で色々ご相談ください!

TICKET SHOPINFO

 

VELOSTYLETICKET

VELOSTYLETICKET

都会のライフスタイルにマッチした折畳自転車や小径車長く使えるLongLifeBikeのSURLY こだわりの英国製ALEX MOULTON 純国産フレーム 京都のE.B.S等を中心にLine-up しています。 小さなお店ですが競技モデルとはまた違う快適に長く大事に使って頂ける自転車・部品をセレクトしています。

関連記事

TOP