持ってけ泥棒ってか?

newstaffblog

ロックがない、目の届く範囲でちょっとだけ自転車とめて店に入りたい時には、こんな風に自転車を逆さまにしておく。ひったくるにはちょっと手間がかかるんで、こうするんだ。特にティーンエイジャーがお菓子屋や美容室の前に置く時はいつもこんな感じになってるね。元々スタンドついてる自転車も少ないし。

今回、ロンドンで初めてこんな張り紙をみた。区の張り紙で、『放置されている自転車はリサイクル計画のために、いついつまでに取りにこない場合、撤去します』と書いてある。ゴミになるくらいだったら、どんどんリサイクルして欲しいよ。パーツを盗まれた自転車は持って帰れなかったり、修理するのが面倒だったりで、そのまま放置されるパターンが多いから。

防犯登録のシステムがない分(そんなようなものがあっても全く普及してない)、持ち主にコンタクトも取れないしね。

これがお知らせの張り紙。

ステム、ハンドルバー、後輪、サドルが既にない。アウターケーブルもバチバチに切られちゃってるよ。

これも同様。フォークまでないよ。

両輪、サドルなし!

VELOSTYLETICKET

VELOSTYLETICKET

都会のライフスタイルにマッチした折畳自転車や小径車長く使えるLongLifeBikeのSURLY こだわりの英国製ALEX MOULTON 純国産フレーム 京都のE.B.S等を中心にLine-up しています。 小さなお店ですが競技モデルとはまた違う快適に長く大事に使って頂ける自転車・部品をセレクトしています。

関連記事

TOP