一味違うお城製ですモールトン Jubilee Sportive

お城製とは何ぞや?と言う方もいらっしゃるので簡単にご説明すると大きく分けてALEXMOULTONは2種類御座います、モデルで言うとTSRとSST旧モデルですとAPBもですがこちらはイギリスはPASHLEY社の国内工場で生産されているモデル、価格的にもエントリー向けなモデルで御座います。それと価格的にはワンランク上のモデルがALEXMOULTONの所謂本社兼ファクトリーで生産されるモデル”お城製”と愛称がついております。こちらで生産されるモデルですが、17インチAM Speed、フレーム価格¥510,000から以上のクラスが生産されております。今回ご依頼いただきましたモデルはALEXMOULTON /Jubilee Sportive クロモリでwheelサイズが20インチのモデルでフレーム価格¥640,000+taxからさらにメッキ塗分けを施したモデルで数万円アップチャージしております。こちはフレーム価格となりますので完成車に仕立てますと3ケタに突入致しますので当然素晴らしいモデルが出来上がります。いや、出来上がりました。今回も素晴らしいご依頼をいただき誠に有難う御座いました。

 

一段とタイトな造りに見えますアレックスモールトン ジュビリー

TSRとどこが違うかと言うと各部のサイズ以外全部違うというしかありませんね。各部の造形とパイプのサイズ等違ってきますので全体がと言うとりとめの無い答えになってしまいますね、すいません。分かりやすい所ですとフォークが肩有りラグで御座います。ダウンチューブにあたる部分も接合部で角度が付いていたりヘッドチューブの溶接ポイントが異なります、リアのユニットもパイプが細くこまやかですね。そしてヘッドバッジが金タグ。と他にもたくさんありますがいったところでしょうか。そしてやはりお城製がもう一段違ってくるのが乗り心地で御座いますね、よりしなやかに吸い付くような走行性能で御座います。一回でも乗ったら虜になってしまうお城製ののり心地で御座います。

 

モールトニアでも憧れのウィッシュボーンステム

ほとんどの方が見た事無いでしょうこのV字の可変式ステム、モールトンオーナー様も憧れのウィッシュボーンステムで御座います。1インチアヘッドとスレッドの2種類御座います。ステム長も3種類御座います。在庫は国内にもそうそうあるものではございませんがお目当ての物があったらラッキーです。無かったら待てば入ってきますのでご予約は可能です。気長に心構えはお願い致します。

もう手に入らないカンパニョーロ ATHENAのシルバー

いやーもう手に入らないんですがね、こうしてみるとやっぱりしみじみしますカンパニョーロ ATHENA。この5アームのコンポーネントに各メカが美しですね。スケルトンタイプのブレーキアーチも今の物とは違います。回顧主義ではないんですけどね大きな流れとしてはパーツカラーはレーシーフレームに合うブラックという事になってしまうのでしょうね。シルバーパーツのマーケットもあると言いたい所です。渋谷店にてATHENAのパーツをインストール致しましたSSTのROYALBLUEが展示販売中です、是非こちらもご検討下さいませ。http://velostyleticket-shibuya.com/

HUBはwhiteindustriesのカンパ互換です

シルバーパーツに皆様こだわられますがカンパニョーロのHUBのラインナップでシルバーは御座いません。shimano互換は勿論使えませんから必然的にホワイトかクリスキングか、、、あと数社ぐらいですね。いやはや全く申し分はありませんねホワイトインダストリーズ、見た目も美しくサウンドも軽やかですね。

 

やっぱり気なるオプションもモールトン

ボトルゲージはNITTO製で御座いますMOULTONロゴ入りのがやっぱりモールトンオーナーなら素通りできないところで御座いますね、こちらはどなたでも購入が可能ですしどのモデルにも装着が可能で御座います。シートポストは車体に付属ですのでご購入はできません。モールトンロゴ入りなのがたまらないですね外見は極太でクランプ部分も重厚でポスト長も長く存在感があるのですが、コレ実は物凄く軽量です。軽量ステンレスシートポストで御座いますがフレームの付属品で御座いますのであしからず。サドルは全国のBROOKSファンが血眼で探しているでしょうロンドンオリンピック記念モデルのSWALLOWで御座います。もちろん在庫は持ってません、ご用意出来ませんのでご了承下さいませ。

銀座店でSSTの試乗車もご用意しておりますので是非ご来店くださいませ。

詳しいショップインフォメーションはコチラ

alexmoulton モールトン Jubilee Sportive