SURLY “STRAGGLER RE:PAINT”

ROAD&GRAVEL

パッと見で「あぁSURLYだな」

SURLY買う理由はこれだけでもいいくらいです

今回のフレームはSTRAGGLER

毎度のフレームカラーの塗り直しをしてます。

まぁカッコいいカラーですね、これ。

カラーソースは自動車メーカー “MASERATI”の純正カラーのダークなレッド。

フレームカラー以外にもサドル、ハブダイナモやSHIMANO内装11速仕様など個性あふれる1台に仕上がっています。


https://surlybikes.com/bikes/straggler

SURLY / STRAGGLER

完成車参考価格:¥350,000ほど


シングル?いや変速あるんだ

見た目はシングルスピード。でも実は変速がついている。

ハブの中に変速機構をぶちこんだ内装ハブを使用してます。

内装変速にするメリットはなんぞや。

まずは見た目。ここ大事。

シングルのスッキリしたルックスがいいんだけど

乗り方的に変速が欲しいとゆうワガママに応えてくれるのが内装変速。

もうひとつが故障に強い。

全く壊れないぞとまでは言えないんですけど、例えばこけた、倒したで変速機が壊れることはまずないです。

日常の脚としてハードユースするにはもってこいのシステムなんですよね。

じゃあみんな内装でええやん!!・・・とはならないのが難しいところ。

デメリットもあるのでお伝えしとくと

「重量が重たい」

今回の内装は11速なんですけど、同じ11速の外装仕様と比べても重量面で劣ります(かなり)

変速をうまく使ってあげれないと後輪を引きずってるようなフィーリングがあるので

積極的に変速を使っていきたいですね、内装の場合は。

これは豆なんですけど、STRAGGLERは内装ワイヤーをシートステー側に出してあげて

リアブレーキアウターとまとめてあげると見た目がGOODです。

何せルックス大事なんで小さいけど大きいポイント。

これも日常の強い味方「ハブダイナモ」

一回使っちゃうともうこれがない自転車ライフなんて想像できないほどに便利なアイテム。

今回はリアハブに合わせてSHIMANOのディスクブレーキ用のダイナモをチョイスしてます。

全体像じゃわかりづらいけど、しっかりSURLYデカールも貼ってあります。

さりげない、すっごいさりげない、けどないのはイヤなんですよね。

ここでホワイトのデカールで「どやーサーリーやぞー」ってしてない辺りが大人。

ピーターパンなボクにはできないチョイス。

SELLA SMPのレザー張りのサドル(レアもの?カスタムしたやつ?)がフレームカラーにマッチしてて

毎日乗る自転車として永く付き合っていけそうなSTRAGGLERですね!

人と違いを出したくて、パーツを選ぶときにどうしても、とっぽい方向に行きがちですけど

落ち着き払った大人なSURLYも素晴らしくイケてんな!と感じた1台でした。

TICKET SHOPINFO

 

 

 

VELOSTYLETICKET

VELOSTYLETICKET

都会のライフスタイルにマッチした折畳自転車や小径車長く使えるLongLifeBikeのSURLY こだわりの英国製ALEX MOULTON 純国産フレーム 京都のE.B.S等を中心にLine-up しています。 小さなお店ですが競技モデルとはまた違う快適に長く大事に使って頂ける自転車・部品をセレクトしています。

関連記事

TOP